リレートーク “大根坂コース” Vol.4

素晴らしいめぐり逢いに感謝

桜井 優 (風越40回生[昭和633月卒]・橋南第一支部)

〈はじめに〉

 飯田風越高等学校令和4年度卒業生ご卒業おめでとうございます。そして、令和5年度新入生ご入学おめでとうございます。

 同窓会のリレートークを拝見いたしますと、母校に同窓会に貢献され社会で活躍される方々によるお話が当時を偲ばせます。そこへ私のような劣等生が寄稿しようなど甚だ分不相応ですが、私なりにそのころの体験や感じたことを、記憶をたどり思いつくままに綴ります。

〈時代〉

 自分がダイコン坂をかよったのは、昭和が終わるころ。日本はバブル景気の到来で経済が沸き立ち、飯田のまちも、西友、ユニー、平安堂のエリアを中心に、今からは想像できないほど賑わう、そんな時代だった。

続きを読む

リレートーク “大根坂コース” Vol.3

『負けてたまるか風越魂』

伊藤 篤 (風越38回生・松尾支部)

●はじめに

 何につけ断れない性格が故に、今回のリレートークを引き受けてしまいました。全教科の中でも国語が大の苦手な私には荷が重いですが、思い出を紐解きながら記していきますので乱文にお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 なお、今の妻との出会いが風越高校同級生でありながら、ほとんど会話なく3年間を過ごしたことを書き添えておきます(笑)。

 また、私たちの子供も3人のうち2人母校にお世話になりました。

(さらに…)

リレートーク “大根坂コース” Vol.2

『青春時代を駆け抜けた3年間』

宮下 将吾 (風越46回生・喬木支部)

1 はじめに

 私は、1991年4月に飯田風越高校に入学しました。共学になってまだ13年ということで、男女比は普通科でも男子:女子=1:2でした。1クラス男子15人、女子30人の合計45人で、当時、世間から噂されていたとおり「平和な高校」で3年間を過ごすことができました。

 高校時代は部活動、クラスマッチ、風越祭、強歩大会、修学旅行、恋愛、勉強など楽しい思い出ばかりが詰まった時間を駆け抜けました。

 現在は紆余曲折を経て、飯田市鼎で弁護士として働いております。

 今回は同窓会のリレートークという機会をいただきましたので、高校時代の思い出を記したいと思います。

(さらに…)