会則

長野県飯田風越高等学校同窓会会則

(名称及び事務局)

第1条 本会は、長野県飯田風越高等学校同窓会と称し、本部及び支部よりなる。事務局を母校(長野県飯田市上郷黒田6462長野県飯田風越高等学校内)に置く。

(組織)

第2条 本会は、次の各号に掲げる会員をもって組織する。

 (1)正会員

ア 下伊那郡立高等女学校・長野県立飯田高等女学校・長野県立飯田西高等学校・飯田実科高等女学校・飯田市立高等女学校・飯田市立高等学校に在学した者及び飯田高等女学校・飯田市立高等女学校の併設中学校に在学した者

イ 長野県飯田風越高等学校に在学した者、及び在学している者

 (2)賛助会員 母校現職員及び旧職員

(目的)

第3条 本会は、母校の繁栄を図り、会員の教養を高め、相互の親睦を深めることを目的とする。

(事業)

第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行う。

 (1)講演会及び研修会

 (2)会報の発行

 (3)会員名簿の管理

 (4)その他この会の目的を達成するため、必要な事業

(役員及び任期)

第5条 本会は、次の各号に掲げる役員を置き、任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

 (1)会長   1名

 (2)副会長  若干名

 (3)常任理事 若干名

 (4)理事   支部長

 (5)監事   2名

(年度代表)

第6条 本会に、年度代表を置く。

 (1)年度代表は、卒業年度毎に1名以上を選出する。

 (2)年度代表は、必要に応じて会の運営に参画する。

(顧問)

第7条 本会に、顧問を置く。

  顧問は、学校長、教頭、事務長及び前会長とする。

(役員の選出方法)

第8条 役員の選出方法は、次の各号に掲げるとおりとする。

 (1)正副会長は、会員の中から選出し、総会において承認を得るものとする。

 (2)常任理事は、会員の中から選出し、総会において承認を得るものとする。

 (3)理事は、各支部長がこれにあたる。なお、必要に応じて会長は理事を委嘱することができる。

 (4)監事は、会員の中から選出し、総会の承認を得るものとする。

(役員の任務)

第9条 役員の任務は、次の各号に掲げるとおりとする。

 (1)会長は、本会を代表し会務を統括する。

 (2)副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代行する。

 (3)常任理事は、事業計画、予算案を立案し、その他協議事項を審議する。また緊急な事項に対処しこれを

    処理する。

 (4)理事は、総会に付議すべき事項、その他必要な事項を審議する。

 (5)監事は、会計の監査を行う。

(会議)

第10条 本会の会議は、次の各号に定めるとおりとする。

 (1)総会は、本会の最高の議決機関とする。定期総会は年1回春期にこれを開催する。 

 (2)臨時総会は、必要に応じてこれを開催する。

 (3)理事会は、年2回(10月と3月)開催することを原則として、必要に応じてこれを開催する。

    なお、緊急を要する事項については、総会に代えることができるものとする。

 (4)常任理事会は、必要に応じてこれを開催する。

(経費)

第11条 本会の運営事業に必要な経費は、次の各号に定める収入をもってこれに充てる。

 (1)年会費(正会員は母校卒業後納入する)

 (2)入会金(入学時又は転入学時に納入する)

 (3)篤志寄付

 (4)その他の収入

 2.会費等については、会計規約により定めるものとする。

(会計年度)

第12条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(会則の変更)

第13条 本会則の変更は、総会の承認を得なければならない。

(補足)

第14条 本会則に定めるもののほか、この会の運営に必要な事項は会長が常任理事会に諮りこれを決定する。

 付則 この会則は、昭和53年5月7日から施行する。

 付則 この会則は、昭和57年4月25日から施行する。

 付則 この会則は、昭和59年10月25日から施行する。

 付則 この会則は、平成4年4月25日から施行する。

 付則 この会則は、平成10年4月25日から施行する。

 付則 この会則は、平成20年4月25日から施行する。

 付則 この会則は、平成21年4月25日から施行する。

 付則 この会則は、平成25年4月25日から施行する。

 付則 この会則は、令和2年4月19日から施行する。

 

会計規約

第1条 正会員は年会費200円とする。

第2条 入会金は8000円とする。

 

内規

〇母校職員の転退職に当たっては、若干の志を表す。

〇本会に特に功労のあった会員の慶弔に対しては、役員会に諮り若干の志を表す。